アパート経営で家族を幸せにしよう

近年、アパート経営に興味を持つ人が多くなっています。効率のいい投資といった評判もあり、サラリーマンやOLでもオーナーになって副収入を得たいと考えるのが理由ですが、オーナーになる場合、自己資金を貯めてから行うことが成功のポイントです。アパート経営の場合、融資を相談することもできるのですが、融資を受けた場合、当然ながらローンを組んでそれを返していかなくならなくなります。しかし空室が多くて経営が軌道に乗らない場合、収入が得られませんので、ローン返済の滞納などの状況に陥り、結局はオーナー業をやめなければならなくなってしまいます。また、融資を受けた分の返済が出来なくなると自己破産なども考えなければならなくなってしまいます。一方、自己資金を厚めに持っておくと、経営が軌道になるまでの資金も確保しておくことが出来ます。

自己資金を活用して空室対策を行うことも出来ます

自己資金を多く持って経営を行うことのメリットは、それによって空室対策も出来るという点です。世の中には非常に多くの物件が出ており、その中で利用者に選んでもらおうとすれば魅力的な条件を提示することも大きな優位性になります。自己資金の余裕がある場合、入居時にかかる敷金や礼金を無料にするといったことも効果的です。経営に参入する前にローンを借りて入ればこういった思い切ったことは出来ませんが、自己資金がある場合は可能になります。アパートは平均の入居率が70パーセントと言われており、30パーセントは空室であることが平均的です。しかし経営を行うのにこういったデータを知らない方も多いのが実態です。従って事実を知った上で70パーセント以上の入居率を確保するような対策を行うことがベターです。

いい管理会社を選ぶことが成功のポイント

アパート経営の成功のポイントは、いい管理会社を見つけてそこに管理業を一括で委託することです。アパートの経営は非常に複雑で厄介なことも多いですし、専門知識を必要とすることが多いですので、管理業務についてほぼ素人と言えるオーナーさんがやることは効率的にも非常に悪いです。空室が出来てしまえばオーナーの家賃収入はたちまち減ってしまいますので、退去者が出た時点ですみやかに次の入居者を確保することも必要で、こういったことも管理会社に一任することが最適です。また、空室対策以外にやらなければならないことも沢山あります。住民同士のトラブル対応や建物の清掃、家賃の回収など、オーナー一人で行えるものではないのです。従って安定した収入を確保しつつ経営を行うには、いい管理会社を選ぶことが必要なのです。